MEXICO

メキシコの朝食 Mexican breakfast

メキシコ

メキシコ(スペイン語)で朝食は desayunoデサジューノ

 

メキシコ料理といえば、タコスやブリトーといった

トルティーヤを使った料理やサルサを思い浮かべます。

朝食ではどのようなものを食べているのでしょう?

 

トルティーヤは様々な料理に使われる

 

メキシコ料理は先住民族の料理を母体とし、スペイン料理の影響をうけているそうです。

そんなメキシコの朝食で代表的なのはウエボス・ランチェロス(Huevos Rancheros)です。

マサ(トウモロコシの粉)で作ったトルティーヤに半熟の目玉焼き、サルサをのせたものです。

付け合せに、フリホーレス(煮豆)とクレマ(サワークリーム)をつけたりします。

 

 

トルティーヤ(トルティージャといわれることも)はメキシコの主食で、様々な食べ方があります。

タコス  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・具をのせ、2つに折ったものタコス

ブリトー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・具を巻いたものは、ブリトー

トトポス(トルティーヤチップス)・・・小さく切って、あげたもの

※日本のスナック菓子[ドンタコス]や[ドリトス]もトルティーヤチップス

ナチョス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・トルティーヤチップスのサルサやワカモレ(アボカドソース)をのせたもの

などなど、沢山の料理に使われます。

メキシコ food

 

サルサの種類は数十種類

 

サルサとはソースのことで、トマト、玉ねぎ、にんんく、チレ(唐辛子)などから出来ています。

メキシコはもちろんアメリカなどでも、料理にかかせない調味料です。

 

メキシコには100種類以上のチレがあり、味や辛さも様々です。

沢山の種類のチレから好きなものをサルサや料理に使います。

 

サルサ・メカヒーナ salsa mexicana

生のサルサです。

トマト、玉ねぎ、生のチレ、にんにくなどから作ります。

サルサの色がメキシコの国旗と同じなのが特徴です。

日本でもお馴染みのサルサはこのサルサですね。

 

サルサ・ベルデ salsa verde (緑のサルサ)

メキシコで一般的に使われえるサルサです。

トマティージョ(グリーントマト)、香草、玉ねぎ、チレ、にんにくなどから作ります。

 

サルサ・ロハ salsa roja  (赤のサルサ)

トマト、香草、玉ねぎ、チレ、にんにくなどから作ります。

 

サルサ・ランチェラ salsa ranchera (牧場のサルサ)

ウエボス・ランチェロスには欠かせないサルサです。

トマト、玉ねぎ、チレ、にんにくを軽く煮込んで作ります。

 

ワカモレ guaca mole

ディップ系のサルサです。

アボカド、香草、玉ねぎ、チレ、レモンなどから作ります。

トマトが入ってることも。

メキシコ サルサ

 

メキシカンフードはヘルシー 世界で流行中

 

メキシコの料理は野菜がたっぷりでとってもヘルシー。

世界では今ヘルシーフードが大流行中。

最近はメキシコの料理が大注目されています。

 

日本でも世界で人気のメキシコ料理店が最近続々オープンしています!



PAGE TOP