GERMANY

ドイツの朝食 German breakfast

ドイツ

-ドイツ語で朝食は Fruhstuck フリューシュトック-

 

ドイツで思いつくのがソーセージとビール

朝食では何を食べているでしょうか?

 

 

ドイツの朝食は冷たい食事が定番 朝食は二回食べる◇

 

ドイツの朝食メニューは

ブレートヒェンと総称される小型のパン

(小型といっても日本のパンと比べると決して小型ではないです)にバター、ジャム

ソーセージ、サラミ、ハム、チーズなどが並び

そして、ゆで卵にコーヒー が定番です。

 

朝食と夕食は冷たい食事=調理をしないもの を食べ、

昼食は温かい食事=調理をしたもの を時間をかけ食べるようです。

 

学校や会社に行く時間がとても早いため、家で朝食を食べ

10時から10時半くらいにコーヒーブレイク<2回目の朝食>を休憩時間に食べる習慣があります。

 

ドイツは世界一のパンの種類を誇る国です。

朝早くからパン屋さんが開いているので、朝食のパンを買いに行き

家に戻って食べる人も多いです。

パンには豪快にバターを塗って食べます。

 

 

朝のたまごは半熟ゆでたまご

 

朝食に卵を食べるのはドイツでも定番です。

卵といっても、オムレツでもスクランブルエッグでもなく茹で卵です。

ゆで卵器を使い自分好みの固さに作ります。

日本でゆで卵は、コンコンと器などで殻を割り手で剥いて食べますよね?

ドイツでそれをやると大変です!ドイツのゆで卵は半熟ですからね。

ドイツでは、卵の上部を殻ごとナイフで切り(卵割り器もある)、スプーンですくって食べます。

 

かわいいエッグスタンドや卵の帽子もあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 



PAGE TOP