THAILAND

タイの朝食 Thai breakfast

タイ メイン

タイ語で朝食はอาหารเช้า アーハンチャーォ

 

タイといえば屋台、そして辛い食べ物。

朝ごはんも辛いものを食べしょうか?

 

タイの朝は托鉢の準備から

 

タイといえば国民の95%以上が敬虔な仏教徒です。

朝の習慣として托鉢(托鉢)というお供えが行われます。

 

お寺にお供え物をしたり、托鉢に家の近くを回っているお坊さんに

お供えを渡します。

内容は、お水・お米・おかず・お菓子などです。

その為、タイでは朝の早い時間から食事の準備をしています。

 

やっぱりタイといえば屋台の食事

 

朝が早い学生などは朝食は家で食べる人が多いですが、

ほとんどの会社員は屋台で買い、オフィスで朝食を食べるのが普通です。

 

タイ

 

タイの定番の朝食はジョークjohk(お粥)です。

お米を細かく砕いてとろとろになるまで煮込み作ります。

ひき肉や卵、生姜、シーフードなどが入っています。

屋台でもジョークは定番で売っていますが、昼・夜になると

屋台では殆ど見かけません。

 

タイ パーコントー

 

パートンコーとナムオオフーの組み合わせも子供たちに人気の

朝食です。

パートンコーとは揚げパンで、ナムオオフーは豆乳です。

パートンコーにはサンカヤーという緑色のカスタードクリームをつけて食べます。

緑色なのはバイトゥーイという植物の葉っぱで色付けしてるそうです。

パートンコーはちぎってジョークに入れる食べ方もあります。

このパートンコーも屋台で買えますが、午後にはなくなってるので、

朝買って揚げたてをすぐ食べましょう。



PAGE TOP